マリルリのAは50

コレステロールのタクヤさんは僕の従兄弟です

鹿児島メイドBARオフレポ

f:id:ke1x-com:20180217135613j:image
2月某日、何やら面白い情報が

矢野のもとへ入ってくる。

 

 

 

 

 


f:id:ke1x-com:20180217134901j:image

どうやら鹿児島にメイドBARなるものが

できたらしい....

 

 

当方、メイド喫茶系列のお店は童貞であり

興味は非常にあるが陰キャなので

1人で行く勇気もない...

そこで無い頭を捻って考えました

そうだ!オタクで

集まっていけば大丈夫やろ!

 

 

これは、まだ己の運命を知らぬ

3人の男の物語
f:id:ke1x-com:20180217135439j:image

はーしーりだしたー おもいが今でーもー♪

(以下、OPカット)

 

とりあえず、まずは運命を共にするメンバー

を募ることに...

手短に

鮭さん(現在いくらさん)を誘ったところ...


f:id:ke1x-com:20180217135944j:image

 

 この男ノリノリである

これは、何とも心強い

けど2人だと事故る可能性もあるので

@1誰か一緒に行く有志が欲しいので

鹿あおいビードロ老害部のとものすけさんを

連れていくことになる。 

 

ウェイな大学生2人もおれば何と心強いもの

だろうか。ウキウキ気分で8時から待ち合わせして

いざお店へそのままGoする
f:id:ke1x-com:20180217141042j:image

だが、お店の前で急にたじろく3人。

そう...誰が最初に突入するのか

渋っているのである。。

 

人類は忘れていた....我々は決してウェイではなく

ポケモンをしてるただのオタクだということを。

とりあえず大人な対応を見せるためにも

私が先人を切っていく。。

 

 

「「おかえりなさいませニャン!ご主人様!!」」

そこには猫耳メイドが2人いるが店内に

他のご主人様はまだいない状況であった。

大人な対応をみせるためにも、気持ち悪い

にやけ面を晒しながら無言で端の席へ

後続の2人も私の後を追って端へ行く。

 

店内はボーカロイドがモニターで流れる

カウンタータイプで雰囲気はかなり良きだが

店内に入った瞬間口数がかなり減る3人。

 

陰キャ....!圧倒的陰キャ!!!

 

店内のメニュー表に書かれた設定をみるに

どうやら彼女たちは人間の世界へ出稼ぎに

きた猫達らしく私達、客はそれを従える

ご主人様らしい....

「ご主人様達は今日は何軒目なのか

ニャン?」

この質問で我々は察してしまった。

(あ、ここ一軒目からくるお店じゃねえな)

 

ドゥフフと気持ち悪い反応をしながら

ア、イッケンメです....とウェイの欠片もない応対を

してたら店員さんも困ったのでしょう。

何のアニメ見るんですかー?って質問に

とものすけさんがマクロスと答えたら

問答無用で星間飛行のカラオケを入れられた

流石にお酒が全然入ってない状態で

ランカ・リーになりきるのはキツイものがあるが

こうなったらヤケクソである

 

皆で野太い声で歌いながら

「「「キラッ☆」」」

決め込んでいきました。
f:id:ke1x-com:20180217142947j:image

(ちなみに店員さんに注文をするときは

ニャン☆ニャン☆と呼ばないと注文を

聞いてくれないというご褒美がありました)

 

 

ここまでの立ち回りとしては

テテフグロスに対してバレルバンギで

対面したような圧倒的な出し負けを

かましてしまったが最後まで何がおこるか

分からないのがポケモンバトル...

お酒も入ったことにより徐々に場に

順応し、自分の持ち味を生かすオタク達。

 

しばらくするとメイドさんが不意に

絵を書いて下さいとノートを渡したため

各々とりあえず絵を書かされることに。
f:id:ke1x-com:20180217143929j:image

左からとものすけ、鮭、私。

 

私は自分が好きなカードキャプターさくら

頑張って書きました。

スマホカンニングしようとしたら

怒られたので自分の拙い記憶の中での

さくらチャンになります。

(鮭さんはカンニングしてケロちゃん書いてた)

 

まあ、それは別にいいとして.....

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:ke1x-com:20180217144241j:image

なんやねんコイツ...

店員さんもケロちゃん桜ちゃんの並びにいる

コイツのことが分からなかったのでしょう。

「これ何のキャラですかー?」

と書いたとものすけさんに聞いたところ

 

 

と「レジロックです!(迫真)」

 

 

さすがは鹿児島勢。

ガチガ○ジが多いのを忘れておりました。

その後はお腹が空いたとのことで

とものすけさんがオムライスを注文する。

 

オムライスに店員さんがケチャップで

名前を書いてくれるというオプション付きで

テンションが上がるとものすけ。

いざ、食べようとすると店員さんが

「もっと美味しくなる魔法をかけたいと

思うんですがよろしいですかー?」と何やら

メイド喫茶でよくみるやつのアレが発動

 

店員さんの掛け声に合わせて皆で

「おいしくな~れ♡

ニャン♡ニャン♡ニャン♡」

と魔法を唱えたところ3/4は

男の魔法がかかったオムライスが爆誕した。

 

そんなこんなで店内で急に3DS取り出して

WCSルールで対戦しはじめたり楽しく

過ごすことが出来た。

 

今回はBO3で初戦は様子見で持ち物

S関係、技構成が把握できたので

次からは勝てると思います(笑)

店員さんも可愛いくてアドも高いので

是非とも鹿児島へ来た時は遊びに行くのも

一考の予知ありありのありです。

 

対戦有難うございました!

次はちゃんと呑んでからイきます!